台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

新竹 玻璃工藝博物館と周辺

新竹駅の東側には行った事がなかったのだが、いつもバスの窓から見えていた公園地帯が気になっていた。
今日は駅からとぼとぼ歩いて約15分、その公園地帯に行って来た。

Hsin1101223.jpg
新竹市体育館前に広場があり、鳩が集まっていた。
正面に見えるのは孔子廟。孔子廟は台湾のほとんどの主要都市にあるらしい。
台南にあったものは立派だったが新竹は小ぶりである。

Hsin1101226.jpg
新竹動物園。
台湾人の同僚によると、あまり面白く無い、というので入園せず。

Hsin1101228.jpg
動物園のすぐ近くには、新竹観光夜市がある。夜市といっても朝から賑やかだ。これはボーリングゲームのようだ。
Hsin1101229.jpg
ヤキソバのようなものを売る店。
Hsin11012213.jpg
金魚すくい。
Hsin11012210.jpg
小さな遊園地?
Hsin11012215.jpg
新竹観光夜市は、花や植木の店が多く出ている。他の夜市ではあまり見かけないものだ。
Hsin11012216.jpg
ガラス工芸を展示する新竹玻璃工藝博物館。この建物は、日本統治時代に、皇族の方や視察の高官を迎えるために建てられたもの。最近は、こういった古い建築物を再生したり、修繕したりして再利用することが行われており、そんななかのよい例の一つとしてこの「玻璃工藝博物館」は評価されている、との事。
Hsin11012217.jpg
この博物館、歴史を感じさせるものは無かったが、一つ面白かったのがこれ。
ガラスで作った実物大の牢屋。

Hsin11012219.jpg
公園地帯をぶらぶらした後、またとぼとぼ歩いて駅の西側に向かう。
これは鉄橋から撮った新竹駅。








関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/01/22(土) 20:46:55|
  2. 新竹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫カフェ「極簡」 (2) | ホーム | 尾牙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/70-4544c049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)