台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

石碇

DP2M5323.jpg
石碇に行って来ました。
石碇は臭豆腐の町「深坑」の隣にある町でもう少し奥の方にあります。

DP2M5374.jpg
石碇は以前はお茶の生産地であり、坪林、深坑、双渓一帯の茶葉の集散地でもありました。
老街は、石橋の萬寿橋で東西にわかれています。
先に発展したのは西街のほうで、西街のほとんどの家は、土と木材で作られており、高さが高いです。
東街は以前は貧しい人が住むエリアで、「乞食寮」とも呼ばれていました。

DP2M5306.jpg
ところが、日本統治時代になり、東街に炭鉱が発見されると、鉱業で町は栄えました。
商人や労働者が次々と石碇に流入しましたが、川岸は住居が建てられるエリアが限られていたため、
川岸にコンクリートの柱を立て住居を構えました。
一軒一軒の家が密着しており、騎楼のようなトンネルができているのが特徴です

DP2M5343.jpg
石碇老街の前は公園になっていました。


DP2M5315.jpg
石碇老街で百年近い歴史を誇る「石頭屋」は、初期の石碇の生活を象徴する建物です。

DP2M5336.jpg

DP2M5338.jpg
有名店「王氏豆腐」で食べた豆腐料理。
石碇では臭豆腐は無いようでした。

DP2M5344.jpg
捲豆腐

DP2M5354.jpg

DP2M5350.jpg
高いところを高速道路が走っています。
台北から宜蘭に抜ける5号線です。

今回の撮影
DP2 merrill





関連記事
スポンサーサイト


  1. 2016/11/14(月) 13:56:43|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<flying butterfly 蝶の舞  (3) | ホーム | flying butterfly 蝶の舞  (2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/645-5bb41896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)