台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

PENTAX K-3 II アストロトレーサーを試す


PENTAX K-3 II のアストロトレーサー試運転。

アストロトレーサーとはGPSから得られた位置情報(緯度経度)から星の動きを算出し、
それに合わせてイメージセンサーを動かすことで星を追尾し、
点像で撮影することができるというものです。
もともとアストロトレーサーは単体の部品でPENTAX のカメラに装着して使うというものですが、
K-3 II で初めてカメラに内臓されました。

IMGP0125A.jpg

Sigma 8-16mm(16mm) F5.6
ISO 3200 120秒

16mm(35mm換算24mm)では120秒でも画面中央は点となっており天の川を写し込むことができた。
周辺部で少し流れているもののアストロトレーサーの効果確認。

そして中央部にアンドロメダ星雲も写っていた。

IMGP0125A (1)
アンドロメダ星雲の部分をトリミング

あのアンドロメダが写っている。
初心者の自分としてはこれだけでも感動ものだが、、、
もっと迫力のある写真を撮るために明るい望遠レンズが欲しくなっているところです。

でも望遠の場合、レンズの中に対象を入れるのが難しくなるんだろうな。
迷います。



関連記事
スポンサーサイト


  1. 2015/10/31(土) 10:29:02|
  2. 天体観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PENTAX K-3 II アストロトレーサーの効果 | ホーム | メイタとクロ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/567-aa9dfb4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)