台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

澎湖 大菓葉玄武岩 鯨魚洞

R0017943.jpg
澎湖は地質的に玄武岩が多いようだ。
ここにも桶盤島にあったのと似た玄武岩の柱状構造がある。

Penghu120.jpg
二崁古厝の近くにある大菓葉玄武岩
雨がひどくなりびしょびしょに濡れながら写真撮影でした。

Penghu126.jpg
竹湾大義宮。
ネットで紹介されていたので来て見たが修繕中であった。
中には入らず。

R0017964.jpg
レンタカー 日産TIIDA
二日でレンタル料金は3000元。

Penghu132.jpg
次に訪れたのは小門嶼 鯨魚洞。

Penghu134.jpg
西嶼の北側にある小門嶼は、200mほど本島から海を隔てているが、現在は小門橋(跨海小橋)により繋がっている。

R0017952.jpg

Penghu133.jpg
小門嶼の「鯨魚洞」が見えてきた。

R0017950.jpg
「鯨魚洞」は、玄武岩でできた小島で、黒い柱状の玄武岩が長期に渡って波の浸食を受け、
大きな洞が出来たもので、その形が鯨に似ていることからこの名が付いたらしい。

R0017949.jpg
このあたり「鯨魚洞」以外でも玄武岩による独特の形状の岩が多い。

Penghu135.jpg
重い雲が立ち込めているが、小門嶼観光中は雨にあわず。








関連記事
スポンサーサイト


  1. 2015/08/20(木) 18:26:56|
  2. 台湾 離島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<澎湖 保安宮 易家仙人掌冰 | ホーム | 澎湖  西嶼西臺 二崁古厝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/547-83c522bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)