台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

大渓(ダーシー)、慈湖(ツフ)、三坑(サンケン)に行く (1)

桃園県南部の風光明媚な慈湖方面への観光シャトルバス慈湖線の運行が今年4月よりスタートした。
同バスは、交通部観光局が推進する「台湾好行バス」(観光スポット・シャトルバス)の一環として運行されるもので、様々なコースがあるが、車を持たない者にとって行きにくい所まで連れて行ってくれる有り難いコースもあり、今回は大渓、慈湖、三坑方面を廻る慈湖線に乗ってきた。

Daxi10112744.jpg
中歴(ジョンリー)駅をおりて、左に行くと、新竹客運、中歴客運、桃園客運とバス会社が並んでいます。
桃園客運で、“台湾好行”の1日乗り放題のチケット(100元)を買うことが出来ます。
約30分で大渓に到着。これは大渓の街の門。

Daxi10112710.jpg
この門のすぐ脇から延びる和平老街。
Daxi10112711.jpg
大渓老街の特徴は石でできたバロック風のレリーフ。
Daxi10112716.jpg
老街の端の方まで来ると見事な赤色をした壁を見つけたので思わずシャッターを切る。
Daxi10112712.jpg
福仁宮というお寺の一部であった。
Daxi10112714.jpg
老街を抜けると、見晴らしの良い所にでた。大漢渓が流れている。昔ここから渡し舟が出ていたらしい。川沿いには散歩道も作られており、お店も出ている。300年以前に清朝が台湾を支配しようとした際、原住民との間の戦いで亡くなった両方の死者を祭る忠魂堂がある。
Daxi10112732.jpg
老街から市場の方に入っている。まだ昼前だというのにものすごい人だかりであった。
Daxi1011279.jpg
再び老街に戻り食事をとる事に。今日は朝から何も食べていないのだ。
Daxi10112749.jpg
老街入り口付近の店で[米需]米大腸を食べる。豚の大腸に、もち米やらナッツ類を詰めて揚げたもの。
大腸のパリパリ具合、もち米のモッチリ感、ナッツ類の歯応え…これはなかなか旨かった。

Daxi10112717.jpg
大渓老街は三峡老街に比べ観光地化されてなく昔懐かしい風情を保っている。
Daxi10112754.jpg
大渓を次は慈湖紀念彫塑公園に向かう。ここは人工的に造られた公園であり、
Daxi10112753.jpg
また、台湾各地から集められた蒋介石元総統の像が沢山野外に展示されている。あまりにも数が多く逆に興ざめする。ここはよほど蒋介石が好きな人でないかぎりお勧めしない。この先に慈湖があったのらしいのだが、見逃してしまった。
Daxi10112760.jpg
この後、バスで懐徳橋という駅までいく。ここはダム湖の先端に当たる所らしい。雄大なダム湖の景色が見られる場所がありそうであったがかなり歩くので取りやめ。バス停近辺でブラブラする。ここはのどかな所だ。バス停のすぐ近くにあった金龍活魚店に入ってみると感じの良い青年が対応してくれたが、中国語が分からないのを察し、何故か母屋の方に走っていく。しばらくすると、母屋からおばあさんが現れた。このおばあさんは日本語が大変堪能で、この付近の事を詳しく教えてくれました。不好意思。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2010/11/28(日) 16:40:55|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大渓(ダーシー)、慈湖(ツフ)、三坑(サンケン)に行く (2) | ホーム | 内湾(ネイワン)に行く (2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/51-776861a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)