台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

奇萊山南峰、南華山(3) 天の川 Milky Way 天池山荘 

R0016321.jpg
天地山荘 海抜2900mでの星空。
天気が良く月も出ていないので期待していたが、期待にそぐわない素晴らしい星空が現れた。
18:14 夕食はすばやく済ませ撮影開始。
GR4 ISO1600 F1.9 13second  

R0016323.jpg

カメラRICHO GR4 ISO1600に固定、F1.9に固定。露光時間のみ振り分けてみた。
18:16
GR4 ISO1600 F1.9 13second

R0016325.jpg

18:17 30秒露光で天の川がくっきり浮かび上がってくる。
GR4 ISO1600 F1.9 30second


R0016327.jpg

18:19
GR4 ISO1600 F1.9 8second

R0016329.jpg

18:20
GR4 ISO1600 F1.9 8second

R0016332.jpg

18:20 今回は最長30秒。30秒でも星はそれほど流れていないので60秒を試してもよかったかも。
GR4 ISO1600 F1.9 30second

R0016334.jpg

18:28 GR4は35mm換算で28mmレンズ。28mmでは天の川全体をとらえることができない。
21mmのコンバージョンレンズを揃えておくべきだったと悔やむ。
GR4 ISO1600 F1.9 13second

この後、寝袋に飛び込む。昨晩は一睡もできなかったが、はたして眠ることができるか。。


R0016354.jpg

目が醒める。時計を見ると23時である。2時間半は熟睡できたようだ。
2時間半でも熟睡できたことは大きい。頭はだいぶすっきりしているし足のだるさも消えた。
起き出して見ると、相変わらず素晴らしい星空。
天の川の位置は動いている。
23:08
GR4 ISO1600 F1.9 15second

R0016360.jpg

23:17 天の川の中にオリオン座、オリオン大星雲も。
GR4 ISO1600 F1.9 30second

30分ほど撮影してまた寝袋に入る。

R0016366.jpg

翌日は2時30分起床。起床時間までぐっすり眠ることができた。
3時間熟睡できたことになる。トータルで5時間半なので今日は大丈夫そうだ。
寝袋を出て、再度撮影。
天の川の位置はさらに動いている。
2:40
GR4 ISO1600 F1.9 13second

R0016367.jpg

2:42
GR4 ISO1600 F1.9 13second

街の明かりで夜でも明るい昨今、これだけの星空を見るチャンスはなかなか無い。





関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/11/29(土) 12:00:54|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奇萊山南峰、南華山(4)奇萊山南峰、南華山 | ホーム | 奇萊山南峰、南華山 (2) 天池山荘まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/479-39462061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)