台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

司馬庫斯  巨木林

Smagus143.jpg
翌朝、太陽が登ってきた。
今日は巨木の御神木を尋ねる旅。

Smagus294.jpg
気持ちの良い素晴らしい天気であった。

R0016114.jpg
巨木登山口。


Smagus184.jpg
登山口を過ぎると大きな竹林を通過します。

Smagus256.jpg
びっしりと立ち並んだ竹で薄暗い感じです。

R0016107.jpg
タイヤル族の人たちには竹もとても重要な作物で、固い竹は家を建てるときに用いたり、
生活用品の製作にも用いている。
また収穫間近の粟が鳥に荒らされないよう鳥よけにも使用しているようだ。

R0016010.jpg
竹林を抜けると、逆光の美しい風景が待っていた。

R0016011.jpg

R0016021.jpg
太陽光が朝霞に反射しているようだ。


Smagus148.jpg
巨木林までの山道は特に大きなアップダウンは無いので、
ハイキング気分で行ける。

Smagus181.jpg
登山口から神木まで約5.2km、往復で約11kmの道のりは5時間ほどである。

Smagus183.jpg


Smagus187.jpg

Smagus150.jpg
再び美しい風景が顔を出す。

Smagus310.jpg
逆光撮影で、ピンと合わせが難しかったがそれなりに満足のいく写真が撮れたようだ。

Smagus190.jpg

Smagus316.jpg

R0016100.jpg

R0016035.jpg

Smagus224.jpg

Smagus321.jpg

Smagus197.jpg

Smagus206.jpg

Smagus201.jpg

R0016059.jpg
そして巨木の森に到着。

R0016093.jpg
司馬庫斯の巨木群には9本の神木があり、
中でも一番樹齢のある神木をタイヤル族の人は「Yaya Qparung」と呼んでいる。

R0016063.jpg
紅ヒノキの巨木群。

R0016069.jpg

R0016073.jpg

R0016077.jpg

R0016079.jpg

R0016088.jpg

Smagus219.jpg

Smagus320.jpg

R0016086.jpg
どの神木も空高くそびえ、見上げても木の先端が見まないほど。
最高樹齢の神木「Yaya」は更に巨大で、その全貌をカメラに収めることはは難しい。
「Yaya」はタイヤル語で母親という意味で、この純粋で善良な民達を守っているのである。






関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/11/05(水) 21:40:40|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日式 焼肉 | ホーム | 司馬庫斯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/473-183933cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)