台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

スカイウォッチャーGOTO DOB14 ファーストライト

天体観測を始めて未だ1年もたっていないけど、もう大口径が欲しくなった。
最初に悩みに悩んで買ったビクセンのED81s。これはこれで実にクッキリとした見え方で十分満足しているんです。
なにより軽く持ち運びが楽ですなのが良いのですが、

SDIM6293.jpg
それでも、宇宙の遥か彼方にある淡い天体を見るためには大口径が必要なので、、、
そして今回も悩みに悩んだ末、スカイウォッチャーGOTO DOB14を買ってしまいました。
口径14インチ 355mm。
この口径で自動導入、自動追尾機能付き(GOTO)なのに驚くほど安い。

SDIM6290.jpg
接眼部は2インチ、31.7mm両対応。
この望遠鏡のために購入したWilliamOpticsの2インチ40mmのアイピースを装着したところ。

そして夜、ファーストライト。
土星がクッキリ、すっきり見えました。しかも輪のカッシーニ間隔もはっきりわかります。
ED81sでも土星をクッキリ見る事ができるけど、カッシーニまでは見えません。

SDIM6278.jpg
この巨大な望遠鏡。総重量約60kg。
鏡筒は架台と簡単に取り外し可能。鏡筒は相当重いけどなんとか一人で持てる。
架台は分解しないととても持てません。
分解、組み立てにかかる時間は約15分、なのでそれほどめんどくさいという感じはしない。

だけど正直なところ、分解しても台座が非常に重い。腰痛めない様に注意しないと。




関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/06/04(水) 11:14:31|
  2. 天体観測
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「東厨」閉店 | ホーム | 介壽路のBAR>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/438-788a6a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)