台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

SIMフリー iPad mini retina

台湾のapple shopでSIMフリーのiPad mini retinaを購入しました。

日本での発売から1ヶ月遅れ、先週の月曜日12月16日から台湾でもiPad airとiPad mini retinaが発売されたのですが、新竹のapple shopではその日のうちに完売。
やむなく予約を入れておき、一週間後の今日手に入れる事ができたのでした。

R0013695.jpg
購入の目的、その一。
現在所有のiPod touch(第二世代)では最新iOSに対応できない。この不便さを解消するため。
購入の目的、その二。
電子書籍を読む事。
iPod touch の小さい画面では本を読むのはやはりしんどい。

R0013693.jpg
箱の裏、中国語が書かれているが、iPadmini retinaは(airも) 全世界共通なので問題無い。

R0013699.jpg
購入の目的、その三。
SIMフリーのモバイル端末が欲しかった事。
僕のように台湾と日本を行き来きしたり、外国に行く機会の多い場合、SIMフリーのモバイル端末が便利である。

日本で取り扱われているモバイル端末はSIMロックがかかっており、例えばソフトバンクと契約すると別の電話会社のSIMカードを入れても使えません。
こんな事をやっているのは世界中日本だけではないでしょうか。この理不尽な制度に反発したかったというのもあります。
(ただし、日本で購入したSIMロックのモバイル端末でも外国ではその国のSIMが使えるらしい。)

また日本の場合、モバイル端末購入時に通信料込みで2年縛りなるものがあり、何度聞いても理解できない複雑な料金設定が作られている。この理不尽な制度にも反発したかったという事もあります。
(ちなみに台湾にもモバイル端末購入時に通信料込みとする2年縛りに似た料金コースが有る事は有ります)
僕の場合ヘビーユーザーでは無いので、最安のプリペイドSIMで十分なのです。

そういう様なわけで、台湾でSIMフリーの iPad mini retina 64Gを購入したわけですが、同じものは日本でも購入できます。
例えばAMAZONでは香港からの並行輸入品が出品されており価格は上下していますが約90000円です。
台湾で買えば22800元 (約76000円)なので手数料分高くなっているようです。


関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/12/23(月) 22:46:46|
  2. 新竹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪の東北 | ホーム | 日本居酒屋 春菜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/392-5df6e3fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)