台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

台北 保安宮

台北市に存在する廟宇の中でも、最大級に属するもののひとつである保安宮に行ってきました。

Taipei2013Oct14.jpg
新竹から高速バスで台北に。
いつもは終点の台北バスターミナルで降りるが、今日は高速を降りて台北市内に入ってすぐの停留所で下車。
商店街のようなところを通って保安宮に向かう。

Taipei2013Oct17.jpg
突然巨大な寺院が見えてきた。保安宮だ。

R0013190.jpg
医療と長寿の神様を祀る保安宮。

R0013191.jpg

幾度度無く補修工事がおこなわれており、創建時の偉容を保つことができているようだ。
また日本占領時代は、徴用されて日本語学校として使用されていたらしい。

R0013185.jpg

保安宮の歴史は今をさかのぼること270年ほど前。1742年に中国の福建省から移民してきた人々が、故郷のお寺から授かった「保生大帝」の像を祀るための小さな廟を建てたことからはじまります。

Taipei2013Oct19.jpg
主神の「保生大帝」は医療と長寿の神様。宗の時代に実在した名医が、その死後に神様として祀らました。保安宮では薬草の神「神農大帝」とタッグを組み、健康と長生きを祈る人々の信仰を一身に集めています。

Taipei2013Oct27.jpg

Taipei2013Oct20.jpg
この廟は、龍山寺、清水巌とともに台北の三大廟のひとつ、との事。
龍山寺と同列とは並の寺では無かったんですね。
清水巌というは未だ行った事がないので次回行く事にしよう。


Taipei2013Oct24.jpg
保安宮、マイナーなお寺かと思っていました。とんでもない、魅力満載の場所でした。
保安宮、お寺、廟が好きな人にとっては第一級のオススメです。


関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/10/14(月) 23:19:52|
  2. 台北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<台北 孔子廟 | ホーム | 七爺八爺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/374-3a37ee2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)