台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

高雄の旅 小琉球 前編

今年の中秋節は4連休。
高雄方面に行って見ようとぼんやり考えていたところ、
会社の同僚から小琉球はどう、と薦められた。

Gaoshun2013091910.jpg
新竹を朝一番の新幹線 7時5分発の左営行きに乗車。
8時30分に左営着。MRTで高雄駅まで出る。
高雄駅は大都市の中心駅として小ぶりな感じ。

Gaoshun2013091912.jpg
そのすぐ隣に、高雄駅の旧駅舎が残されている。
日本統治時代の1940年に建てられた歴史的建築物で、「帝冠様式」と呼ばれる鉄筋コンクリート造に和風の瓦屋根を載せた和洋折衷様式が採用されています。帝冠様式が流行したのは昭和初期なので、それより前の明治時代に日本統治が始まった台湾では意外に帝冠様式の建築物は少なく、貴重な存在です。

XiaoLiu2013091910.jpg
旧駅舎の向かいに東港行きのシャトルバス乗り場が有り1時間弱で東港の小琉球行き船乗り場に到着だ。

XiaoLiu2013091913.jpg
この船に乗り込む。料金は往復で410元であった。
実は台風が近づいているのに離島に渡るというのは不安も有ったが、まだ一日二日大丈夫なようだ。

R0012944.jpg
船の中はこんな感じ。
小琉球まで約30分。

R0012953.jpg
ここは珊瑚礁が隆起してできた島で、周囲は約13キロ。
当初電動自演車を借りて回ろうかと考えいたんだけど、ここには電動自演車は一台も無いらしい。バイクの免許もないので仕方なくタクシーをチャーターすることにした。500元。
最初に連れて行かれたのは「美人洞」

XiaoLiu2013091925.jpg
ここは港から時計逆回りで車を走らせると最初に着く観光地。
海ガメが寄ってきて産卵する場所でもあります。
名前の由来ですが、昔船に乗って漁に出た男たちが戻ってくるのを、女たちがここで待ったそうで、遠目から見ると皆美人に見えたから、、

R0012949.jpg
海沿いの岩場を歩いて行くと多くの洞窟がある。


XiaoLiu20130919119.jpg
山道を上っていくごとに違った角度からきれいな海が見えるポイントがあります。

XiaoLiu2013091936.jpg

XiaoLiu20130919131.jpg

R0012967.jpg
暑い中を歩き回った後のマンゴーシャーベットは格別の美味しさ。

XiaoLiu2013091966.jpg
次は山豬溝というところ。

XiaoLiu20130919139.jpg
山豬溝は珊瑚の石灰岩に木々や緑がまとわりついたジャングルのようなところです。

XiaoLiu2013091959.jpg
洞窟や巨大な石、日本統治時代の防空壕や地下道などの史跡も残されています。

XiaoLiu2013091952.jpg
今の所台風の気配も無く、すばらしい天気だ。そして暑い。


関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/09/21(土) 13:15:53|
  2. 台湾 離島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高雄の旅 小琉球 後編 | ホーム | 五指山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/360-d2d09a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)