台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

大腸麺線を食べに台北に。。。

大腸麺線を食べに台北まで出かけた。大腸麺線の有名な店が台北の西門町というところにあるからだ。
Nishimon01.jpg
西門町は原宿に似たオシャレな街だ。地方の女の子が台北に出てきたら真っ先に行く所らしい。
Nishimon02.jpg
大腸麺線の老舗中の老舗「阿宗麺線」。
お昼前なのにすでに人だかりができていた。

nishimon03.jpg
そうめんのような細い麺とちょっとトロミがあるダシのきいたスープ。これに豚の大腸がトッピングされている。一度食べたら止められない、という人もいるようだが僕の嗜好には合わず。
nishimon04.jpg
ここではテーブル席は無く、手に持って食べる。イスに座れた人は幸運で立ったまま食べている人も。
また、麺であるにもかかわらずハシが無くおしゃもじですくって食べるのが流儀なようだった。
この後、これも西門町の名物、とガイドブックにあった「牛乳大王」のパパイヤミルクを飲み西門町を後にする。

MRT07.jpg
MRT板南線で忠孝復興まで行き、木柵線に乗り換えて大安まで行く。木柵線は高架を走り景色が良い。南の終点までいくと動物園があるらしい。行ってみたいが今行ってもほとんどの動物は暑くて寝ていることだろう。

MRT06.jpg
木柵線の車両は小型で、自動車のようなゴムタイヤで走っている。
TaipeiCat11.jpg
中正記念堂方面に歩いているとオバさん達が生まれたばかりの子猫を売っていた。ので思わず写真に収める。
Chuusei13.jpg
裏門から中正記念堂敷地に入り森の中を歩いてたら、突如として巨大な建造物が現れた。一瞬「バベルの塔」かと錯覚する。
Chuusei.jpg
中正記念堂の正面。巨大だ。
初代から第5代にわたって総統職を務めていた蒋介石が1975年に死去した際、行政院が全国民の哀悼の意を表すことを目的として紀念堂建設を決定、1980年3月31日に完成したものである。
また1990年におこった学生達の民主化を求める運動はここから始まった。

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2010/08/21(土) 23:12:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<台北 囲碁道場 | ホーム | 金山街の猫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/26-5135636c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)