台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

九份(チョウフン)に行く

台北からローカル線で約55分で瑞芳駅に到着。ここからバスで山道を上って行くと九份に到着だ。
九份は太平洋を見下ろす山の斜面にへばりつくように広がっている街。かつて賑わった金鉱は衰退したが、独特の町並みと有名な悲恋映画の舞台となった街として脚光を浴びている。またここは「千と千尋の神隠し」のモデルになった町でもあるらしい。

bus
九份のバス停車場周辺。ここから基山街という古風な繁華街に入って行く
street
基山街の入り口付近

street
狭い通路の両側には古風な店が軒を並べている。
fishball
フィッシュボールスープの店。魚丸スープは海辺の街ではよく見かける食べ物だ。
mash
キノコを焼いている店。エリンギを丸ごと焼いている店は台湾でも始めてだ。
sight
海を見渡せるスポットに到着。太平洋だ。                 
street
さらに狭い小道を進んで行く。        
street
基山街と堅崎路の合流点あたりで明るい所に出た。                     

street
堅崎路は階段の路。風情が有ります。          
kids
堅崎路の頂上付近で子供がカードを楽しんでいる。
cinema
九份を舞台にした悲恋映画の看板のかかる映画館跡。 昔は鉱夫たちのために連日娯楽映画を上映していたらしい。        

street
九份は台湾のどの街とも違う独特の雰囲気を持っている。いい所でした。おすすめです。




関連記事
スポンサーサイト


  1. 2010/08/01(日) 17:56:17|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<基隆(キーロン)に行く | ホーム | 清華大学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/16-7bd14872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)