台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

新埔、關西に行く

中国語の先生の紹介で、今日初めてIさんにお会いした。
そしてIさんの車で新埔、關西に連れて行ってもらうことに。

Sinpu11120329.jpg
最初に向かったのは新埔の柿餅工場、柿餅とは干し柿の事。
日本で干し柿というと吊るして干すものと思っていたが、ここでが天日干しだ。

Sinpu11120311.jpg
柿の皮を剥いているところ。


Sinpu11120312.jpg
柿葉茶。
これは今イチだったな~ あまり味が無い。

Sinpu11120330.jpg
柿染め。柿で染めたもの。
Iさんは芸術家。絵、写真、陶芸などをやっておられる。
この染め物にも興味を持たれていた。

Sinpu11120337.jpg
この後サボテン園に行く。

Sinpu11120342.jpg
サボテンだらけのビニールハウス。

Sinpu11120340.jpg
サボテンの赤い花。

Sinpu11120343.jpg
この毛糸のようなものが巻き付いているサボテンは初めてだ。

Sinpu11120349.jpg
この実を食べると病気になるんだと。

Sinpu11120346.jpg
これは日本の家にもあるが花の色が違う。

Sinpu11120356.jpg
新埔のメインストリート。
新埔鎮は新竹県の東北に位置し、肥沃な土地と温暖な気候に恵まれ農業が発達している。住民の多くは広東省からの移民の子孫であり、客家語が主要な方言として使用されている、とのことだ。

実は新埔に老街があると本に書いてあったので来てみたのだが、老街は無かったのであった。

Sinpu11120360.jpg
次に、關西に向かった。
關西老街。

Sinpu11120362.jpg
關西老街は今ひとつ活気も無いし風情も無い。

Sinpu11120361.jpg
日本統治時代に作られたという建物。
今は警察所である。

Sinpu11120363.jpg
今はもう廃業した映画館跡。
実はIさんは關西の出身である。
子供の頃この映画館で良く映画を見たという。

Sinpu11120364.jpg
關西市場。

Sinpu11120359.jpg
ひっそりとしている。
おそらく朝は賑やかなのだろう。

Sinpu11120369.jpg
Iさんが通ったという小学校の近くにある孔子廟からのすばらしい眺め。
大変楽しい一日でした。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/12/03(土) 23:58:26|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ニ個月に一回の楽しみ | ホーム | 金山五街の猫>>

コメント

素敵な写真ですね。

あの実を食べると病気になる植物の名前は(中国語で)「金露花」です。300年前、ホランド人が持って来ました。

新埔老街について、私は もう一度旅行案内書を読みました。実はあそこは本当の老街です。でも、古い建物はもう無くしました。

台湾に 日本統治時代の建物は いつも 素敵で、きれいです。日本統治時代に ここも 警察機関でしたよ。
  1. 2011/12/07(水) 08:44:40 |
  2. URL |
  3. 一歩 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/157-21a0301a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)