台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

南庄に行く

中国語の先生が南庄へ連れて行ってくれた。
新竹から車で約1時間。先生の生徒のIさんと会社の同僚のYさんも一緒の4人で。

Nanzhon11103067.jpg
永昌宮の鳥居。
永昌宮は南庄エリアの中央部に位置する、いわゆる「廟」。非常に立派な外観が特徴で、複数の神を祀り地元の人々の信仰の中心的存在になっているようだ。

Nanzhon11103018.jpg
鳥居をくぐって階段を登って行く。この階段はなかなか雰囲気でています。


Nanzhon11103021.jpg
日本式家屋の老郵便局。
台湾で一番古い郵便局だという。

Nanzhon11103026.jpg
南庄老街導覧図

Nanzhon11103030.jpg
桂花巷。ここは南庄老街のハイライトだ。

Nanzhon11103033.jpg
休日となると狭い路地に人が溢れる。

Nanzhon11103034.jpg
桂花とはキンモクセイの事。

Nanzhon11103037.jpg
キンモクセイの香りが漂う石段の狭い路地を歩いていると、昔のなつかしい気持ちがよみがえってくる。

Nanzhon11103041.jpg
これだけ細い路地の老街は台湾でも初めてである。
老街マニアとしてはすっかり満足。

Nanzhon11103047.jpg
婚約すると食べるケーキだという。

Nanzhon11103052.jpg
巨大なエリンギ。最近台湾で人気なんだという。

Nanzhon11103057.jpg
老街の表通りに出る。

Nanzhon11103065.jpg
表通りにも雰囲気のある建物が。

Nanzhon11103061.jpg
団子屋。

Nanzhon11103058.jpg
人だかりができている”擂茶”(客家擂茶)の店だ。

Nanzhon11103060.jpg
擂茶とは、、その名の通り擂る(する)お茶。
20数種類もの厳選した雑穀や豆、緑茶等を乾燥・粉末にしたもの。
その歴史は古く、三国時代から客家の間で”おもてなしのお茶”として愛飲されてきた、との事だ。
コッテリしているので一杯でお腹イッパイになる。体には良さそうだ。

Nanzhon11103070.jpg
今は上映していない映画館。
なつかしい雰囲気に包まれている。

Nanzhon11103079.jpg
南庄老街。
ここは日本の普通のガイドブックには載っていないかもしれないが、絶対におすすめの場所だ。

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/11/01(火) 23:09:30|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹蓮寺 | ホーム | 蒙古鍋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/146-6586febb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)