台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

日月潭に行く (3)湖

日月潭二日目。朝早く水社の周りを散策することに。
RiYue110911131.jpg
水社碼頭から湖を望む。

RiYue110911147.jpg
水社碼頭の周りの歩道。涵碧歩道。
湖畔の遊歩道だが、まるでジャングルを進むような箇所もあり、途中には何箇所かの休憩所もある。

RiYue110911141.jpg
歩道沿いにはいろいろな熱帯植物が自生している。野生のバナナの木もあちこちに見られる。

RiYue110911138.jpg
葉の大きい熱帯植物は、心を和ませてくれる。

RiYue110911144.jpg
朝早いと空気が澄んでいる。
日月潭は朝が最も美しいようだ。

RiYue110911151.jpg
バスで文武廟に行く。文武廟は巨大な寺だ。

RiYue110911154.jpg
大きな獅子の像が印象的。

RiYue110911162.jpg
文武廟から湖を望む。

RiYue110911169.jpg
バスで玄奘寺に向かう。ここからの眺めは素晴らしい。

RiYue110911173.jpg
このあたりは檳榔の群生地。
檳榔の木の先端をマジかで見る事ができ感動した。

RiYue110911184.jpg
檳榔と日月潭

RiYue110911187.jpg
玄奘寺。玄奘とは孫悟空でおなじみの三蔵法師のことで、玄奘寺にその遺骨が祀られている。日中戦争で南京から日本の埼玉県慈恩寺に持ち帰り祀られていた玄奘の遺骨は1952年にこの地に返還された。その後、玄光寺と玄奘寺が建立され、この地に祀られることとなった。

RiYue110911188.jpg
玄奘寺で咲いていた睡蓮。


RiYue110911198.jpg
玄奘寺と玄光寺は青龍山歩道でつながっており玄奘寺側からは山を下って行く感じになる。


RiYue110911196.jpg
檳榔の木々の隙間から湖を望む。

RiYue110911199.jpg
この歩道では様々な熱帯の動植物を見る事ができるが、僕的には檳榔の木が気になる。

RiYue110911193.jpg
美しい蝶にも出会える。
が、蝶の撮影は難しい。DP2sの41mmレンズでは約3mの距離でこの大きさ。

RiYue110911193p.jpg
トリミングしてやっとここまで。





関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/09/17(土) 10:11:45|
  2. 台湾 中部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日月潭に行く (4)玄光寺 | ホーム | 日月潭に行く (2)伊達邵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/132-ddda1f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)