台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

日月潭に行く (1)集集線

台湾の中でも大型の観光地、日月潭に行ってきた。
そして前から乗ってみたかった集集線経由で行く事にした。

RiYue11091112.jpg
新竹から各駅停車でニ水まで行く。ここまで約2時間半。ニ水は集集線の分岐駅だ。
不思議な事に急行や特急を使ってもニ水までにの時間はほとんど変わらない。

RiYue11091113.jpg
集集線は二水駅と車埕駅を結ぶ29.7kmの鉄道だ。
開通したのは意外と古く、1921年に門碑潭発電所(現在の大観発電廠)建設の専用線として作られ、その後、旅客も乗せるようになったとのこと。

RiYue11091111.jpg
ニ水駅プラットホームからの眺め。

RiYue11091118.jpg
列車が入って来た。カラフルな色彩の車体。

RiYue11091121.jpg
集集駅に到着。

RiYue11091131.jpg
街の中をぶらぶら歩く。
集集古街、老街のような所と期待していたが、その雰囲気は無くここはあまり面白くない。

RiYue11091128.jpg
巨大なクスノキがあるというお寺までてくてく歩いていく。

RiYue11091130.jpg
巨大なクスノキに到着。
確かに大きく御神木として崇められているそうだが、わざわざ見にいくほどのものでも無いようだ。

RiYue11091132.jpg
次に武昌宮までの道のり約1kmを歩いて行く。たった1kmだが暑いのでけっこうしんどい。

RiYue11091133.jpg
見たかったところに到着。

RiYue11091134.jpg
武昌宮。1999年9月の台湾大地震で倒壊したが、地震の傷跡を残す遺跡としてくずれたまま保存されている。

RiYue11091135.jpg
今にも二次倒壊しそう。

RiYue11091140.jpg
武昌宮の近くのバナナ屋。
台湾バナナは有名だが、このあたりはバナナ屋が特に多い。産地に近いのだろう。

RiYue11091144.jpg
再び集集線に乗り終点の車埕駅に向かう。
これは途中の水里駅。水里は集集線沿線ではもっとも大きな町だが、余り面白く無い、と聞かされていたので下車せず。

RiYue11091147.jpg
車埕駅に到着。

RiYue11091148.jpg
車埕駅は駅全体が公園のようになっている。

RiYue11091152.jpg
線路の上を歩くという非日常行動は楽しいのだろう。

RiYue11091155.jpg
駅の近くにある車埕老街に向かう。

RiYue11091157.jpg
この老街は今まで見たなかでも最も小さい、かつ寂れている。

RiYue11091160.jpg
お店が少なく、観光客も少ない。
駅の周りに沢山いた観光客はここには来ないのだろうか。

RiYue11091161.jpg
それとも、こんな所にくるのは自分くらいのものなのか?

RiYue11091162.jpg
ただの家並みのようでもあり老街とは言えないかもしれないが、
RiYue11091163.jpg
雰囲気は気に入りました。二重丸。
老街マニアにはおすすめの穴場だ。

RiYue11091165.jpg
さて、いよいよ日月潭に向かう事に。車埕から日月潭までバスが通っているのだ。
バス停からの水里川の眺め。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2011/09/14(水) 23:47:00|
  2. 台湾 中部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日月潭に行く (2)伊達邵 | ホーム | 月餅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://foveon623.blog119.fc2.com/tb.php/130-cb2dc5af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)