台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

お粥や 渡月閤

R0015787.jpg
以前、金山街の東のはずれの方にあったお粥やさんが、金山9街に引っ越してきた。
宿の近くなのでずっと行きやすくなった。

R0015790.jpg
この老板から、引っ越したらまた来てと言われていたので、
開店日の今日さっそく行ってきたのだ。

R0015789.jpg
創意料理と看板にあるが、今のところお粥だけのよう。
でもこの厨房ではお粥しか作れないかもしれない。

R0015791.jpg

R0015793.jpg
ここのお粥はお米の形が残っていないどろどろタイプ。

ここに来ると、いつも「一様的?」と聞かれる。
「いつもと同じ?」という意味。
台湾の店では、客がいつも注文するものを覚えていて、よくこう聞いてくる。

僕の一様的は小魚粥。
本日の夕食はこれだけ。









スポンサーサイト
  1. 2014/10/28(火) 22:21:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

博多 豚骨ラーメン

R0015781.jpg
あちこちで評判の豚骨ラーメン店が關新路に出店したというので出向いて来た。


R0015771.jpg
日本から赴任してきたと思われるにいちゃん達が声を張り上げてラーメンを作っている。


R0015779.jpg
評判だけあってスープは濃厚で美味しい。
よく行く大海の豚骨ラーメンとは大分違う。(ちなみに大海の豚骨ラーメンスープは自家製では無いらしい)

麺はそうめんの様に細い。僕は太めの麺が好きなのでその点は残念。
値段はベーシックの豚骨ラーメンでもサービス料込みで253元と割高だ。大海だと150元。









  1. 2014/10/14(火) 20:59:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

夜の内湾

R0015759.jpg
この三連休、一日目は出勤、昨日今日は宿でぐたぐたしていたのが、夕方外に出てみようと思い立つ。
そして内湾に来てしまった。

Hsin201310124.jpg
さすがに夜の7時過ぎだと人は少ない。

R0015757.jpg
内湾に来ると必ず寄る店。


R0015756.jpg
樟脳を樟木から抽出して売っている店である。

R0015758.jpg

Hsin201310121.jpg
日本統治時代にはこのあたり樟木の大農園が有り
樟脳を大量生産していたのである。

R0015783.jpg
ビン入り樟脳液を二本購入。
左右同じようだが、右はいつも買っていた普通の樟脳液、150元。
左は結精(結晶化)している樟脳液 350元

R0015768.jpg
内湾駅で出発を待つ帰りの電車。








  1. 2014/10/12(日) 22:56:27|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ