台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

麺朝

金山街に麺食専門店「麺朝」がオープンした。

Hsin11082238.jpg
麺朝はチェーン店のようだが、知らなかった。
台湾の麺類はほとんど口に合わないので気に留めていなかったというのもあるけど。

Hsin11082230.jpg
看板を見るとどれも美味しそうだが、特に青醤という緑の麺が気になる。

Hsin11082018.jpg
店内は満席。繁盛しているようだ。


Hsin11082231.jpg
厨房でせっせと作っています。

Hsin11082015.jpg
青醤鶏絲拌麺。70元。
麺の上に鶏絲、キュウリ、卵がのった簡単なもの。
冷し中華に似ているが麺は冷えていない。
スープの無いこういうのを乾麺というらしい。

Hsin11082017.jpg
カキマゼて食べる。麺に緑のものが絡み付いている。この緑のもの青醤の正体は?

なんとバジルでした。

その他、椒麻というタレもありこれも美味しい。
肝心の麺だが、コシがあり美味しい。多分日本人の口に合うだろう。
最近はまっています。



スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 09:57:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大戸屋

大戸屋が新竹の大遠百デパートの中に有るのは知っていたんですが、これまで入った事ありませんでした。

Hsin11082216.jpg
西大路と西門街の交差点から見た大遠百デパート。
大遠百は新光三越に負けないほど立派なデパートです。

Hsin11082211.jpg
この二階に大戸屋は有りました。

Hsin11082212.jpg
大戸屋から見た西大路。

Hsin11082213.jpg
日本の大戸屋では、焼き魚か黒酢を使った酢豚をよく食べていた。
黒酢の酢豚を注文。275元。
味は日本の大戸屋と同じで美味しいです。


  1. 2011/08/24(水) 20:59:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

南投意麺

牛肉麺に代表される台湾の麺類はほとんど僕の口に合わないのだが、
口に合う数少ない麺が意麺だ。

Hsin11082222.jpg
金山街にある竹之香という台南担仔麺の店。

Hsin11082226.jpg
台南というと担仔麺が有名だが、使われている麺は牛肉麺と同じでこれも僕の口の合いません。
ところが意麺は麺が違う。

Hsin11082225.jpg
やや細めのちれじれ麺。
スープもさっぱりしていて美味しい南投意麺。45元。


  1. 2011/08/22(月) 21:46:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ