台湾 新竹 滞在記

新竹より台湾の情報を発信します。

祈祷、お祓い??

日曜日の朝、
ここのところ雨模様の日が続いていたが今日は快晴だ。

Hsin11052925.jpg
宿の部屋から東の方向を眺める。良く晴れている。
朝食を食べに外に出ることに、

Hsin11052910.jpg
金山街を歩いていると、
爆竹の大音響が聞こえてきたので、行ってみるとお祭りのような隊列が近づいてくる。
しかしお祭りではなさそうだ。朝っぱらからお祭りはしない。

Hsin11052911.jpg
一軒の家の前に止まり、何か?を開始したが、、
Hsin11052916.jpg
何なのか分からない。祈祷かお祓いの様に思ったが彼らは聖職者では無いようだ。
Hsin11052922.jpg
結局何が行われていたのか分からず。

これは爆竹の残りかす。大量の爆竹を使用した事がわかる。
台湾の人たちは事あるごとに爆竹を鳴らします。



スポンサーサイト
  1. 2011/05/30(月) 21:23:21|
  2. 新竹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東路

今日はほとんど宿に居たので、夕方夕食がてらに関東路周辺を歩いてみた。
関東路は金山街から見ると光復路の反対側で散歩には丁度よい距離だ。

Hsin11052820.jpg
関東国民小学校

Hsin11052813.jpg
こんな名前のついた建設中マンション
Hsin11052814.jpg
建設中の内湾線の駅。
内湾線は新竹駅から新竹県横山郷の内湾駅までの鉄道だが、新竹駅から竹中駅までの高架化に伴い、新竹 - 竹東間は2007年3月1日より運休、工事中である。
この駅は関東駅から新荘駅に駅名変更される予定である。

Hsin11052821.jpg
こんな日本料理店を発見。

Hsin11052816.jpg
慈霊宮という小さなお寺があり、
Hsin11052817.jpg
コワイ顔をした神様が、
Hsin11052818.jpg
入り口の所でニラミをきかせている。
日本の寺の仁王様のようだ。

Hsin11052810.jpg
光復路に戻って来て、写真中央の店で扁食を食べる事に。
Hsin11052823.jpg
扁食は花蓮の名物料理であるが、

Hsin11052825.jpg
中身はワンタンとほとんど同じである。
Hsin11052827.jpg
暗くなりかけた光復路を後に宿に戻る。


  1. 2011/05/28(土) 22:15:44|
  2. 新竹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湖口老街

新竹から中壢行きのバスに乗り約30分で湖口老街に着く。
Fukou11052213a.jpg
バス停から老街の方に歩いて行くと家の前でお年寄りがくつろいでいる。
中華圏でよく見かけるこの光景、僕は大好きなんです。

Fukou11052218a.jpg
街の入り口では1918年に建立されたという廟、三元宮が出迎えてくれた。

Fukou11052226a.jpg
三元宮から老街を見渡したところ。

Fukou11052227a.jpg
この眺めに早くも気分は高まる。

Fukou11052241a.jpg
レンガ造りの建物が並ぶ石畳の一本道。

Fukou11052238a.jpg
長さ300メートルほどの通りには、懐かしさや温かみが感じられる不思議な雰囲気が漂っている。

Fukou11052235a.jpg
美しいレリーフ。


Fukou11052244a.jpg
客家の食堂。

Fukou11052242a.jpg
今は使われなくなったバス停。

Fukou11052246a.jpg
桃園の大渓老街にも、大正時代に建設されたバロック調の建物がありますが、

Fukou11052259a.jpg
湖口老街は比較的きれいに残されていると思います。

Fukou11052260a.jpg
加えてのんびりとした平和な雰囲気。観光地化もされていないようである。

Fukou11052263a.jpg
再び三元宮に戻ってきて、またバスで新竹へ。
2時間の小旅行でしたが、老街の雰囲気を十分満喫。
湖口老街おすすめです。


  1. 2011/05/25(水) 20:29:23|
  2. 台湾 北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ